« 逃げちゃいけない | トップページ | 集中中 »

9・11

Photo_49

今日は9月11日

 アメリカ同時多発テロから5年

 時間で言えば、正確にはまだだけど。

911

今日は朝からそのニュースをやっているが
その場で被害を受けていない、誰も知り合いを失っていない私でも
とても悲しくなってしまう。
そのぐらい、みんなの心に深く刻まれた悲惨な出来事だったと思う。

5年前、たしか小さな台風が近づいていた
何の変哲もない日だったと思う。

日本に帰ってきて一年ほどだった私達は
いつもと変わらない一日を過ごして夜早めに就寝した。

夜の10時過ぎだったか11時過ぎだったか
そのぐらいにうとうとして目覚めると
オヤジが仕事に行く準備をしている。

「船で徴集がかかったから、行かなくちゃいけない」
 (当時彼は空母に乗っていた)

まだ寝ぼけていた私は近づいてきていた台風のせいかと思い
「こんな小さな台風でぇ??はぁ?」

「テレビ見ろよ!!!大変なことになってんだ。」

言われてはじめてオヤジが着替えてる横のテレビに目を移すと
世界貿易センタービルからもくもくと煙が出ている

 テロ!!??

彼はすぐに家を出て行き
その後一人でテレビにかじりついたのを覚えている

 オヤジの乗る空母はそのまま海に出て
帰ってきたのはその週末だった。
バタバタと家で一泊して
そのまま、戦争に出航したんだった。
普段は送れるEメールも送れず、
テレビのニュースで見る情報だけが頼りだった。
映像で見た空母から発射される爆弾は、忘れられない。
ベースは警戒態勢が最強になり
通勤に使うだけでも車で外に出られなくなった

世界貿易センタービルに二機目が衝突した時の映像は
どうしても忘れられない

当時まだ4歳ともうすぐ3歳だった子供達も
その映像を繰り返しテレビで見てショックを受けて
「Mommy, Is it real? (マミーこれ本当の出来事?)」
って何度も私に聞いた

被害を受けた場所の中の一つ、アメリカ国防省ペンタゴンは
オヤジがたった一年前まで働いていた職場だった。

Photo_1

 もしも日本帰国が一年遅れていたら・・と思うと
やっぱりすごく恐い
未だにそこに残って働くオヤジの友人が
命を落とさないでいてくれた事も幸いだった

5年前のこのことがあってから
少しテロの被害が身近に感じられるようになった気がする

今朝、普通に犬の散歩から帰った後
「きっと被害にあった人の朝もこのように平和だったのだろう」
と思った。

朝から夫婦喧嘩をした人もいたかもしれないし
子供に朝ご飯を作れず仕事に出かけた人もいたかもしれない
一生に一度の大きな約束をしていた人もいたかもしれないし
出張先から家に帰ったら今度こそ人生をやり直そうと思っていた人がいたかもしれない

被害にあった人は皆、普通の朝を迎え
未来があることを当たり前に思っていたに違いないのに・・

無念を残し、亡くならなければいけなかった3000人の人々
その人々を失った大きな傷を負ってなお今も生きている人々
後遺症を負って体の傷や心の傷と戦っていかなくてはいけない人々

このテロが起こした行為は
計り知れない傷をこの世の中に残したと思う

何ができるのか、それは簡単な答えではないけれど
ぜったいに他人事ではいけないと思う

戦争もそうだけど、これから育つ子供達に
大人達一人一人の責任でこのことを伝えなくてはいけないと思う

 どんなに悲しい出来事だったか、そんなに辛い悲劇を生んだか

そしていつかテロリストとよばれる人がいなくなる
戦争がなくなる
・・いつかそんな世の中が、くるのかどうかは

全ては大人の責任だと思う

亡くなった3000人の方のご冥福をお祈りします
 どうか安心してこの世の中を見おろせるようになりますように

Photo_50

|

« 逃げちゃいけない | トップページ | 集中中 »

コメント

ミミちゃんの日記を読んでてこっちはまさしく9.11の朝なので今テレビでもいろいろとやっているからじ~んと来るものがあるよ~。旦那は9.26に船に移動になるって言うので8月の中旬からアメリカに里帰りだった、で9.11が帰国の日、空港に居たしかも朝9時飛行機が飛ばないってことになりそれから2週間足止めをくらった。彼は9.26からそのまま3ヶ月くらい船が出た。親戚の人達もわたしたちが心配で泣いて電話してきたりだったのを覚えてる。肝心のうちの両親?北海道に旅行中で台風で飛行機飛ばないのよ~。って家の母。テロのことまったくしらないらしく私が帰れなくなった!って電話で言ったらキミちゃんとこも台風?だって。本当に家のお母さんは世間知らずなんだよね~~。って話は戻って二度とこういう事が起きないように祈りたい!安心して飛行機に乗れるような平和な日々が来るといいなぁ。最近は差別じゃないけど、アラブ系の人が同じ飛行機にいるとドキドキしちゃうから。家から1時間半の場所にUNITED93が落ちたの。記念館があるから是非行ってみたい。

投稿: Kimie | 2006/09/11 04:43

みみさん達と違ってあまり身近に感じる出来事ではなかったような・・・でもこのニュースは偶然にニュース番組でリアルタイムに見ていました。そのときは何が起こっているのか・・・理解できていませんでした。 平和が当たり前の日本に住んでいるとほとんどの人たちが「よその国のこと」で済ましていますね~^^; 私はこの時の印象より「湾岸戦争」がすっごく残っています。9.11の時間と反対の朝9時頃のニュースで伝えていました。なぜ???だか解りませんが・・・仕事中にもかかわらず涙がでて止まらなかった覚えがあります。 でも今考えても「なぜ??」って思います^^; とにかくどんな理由があるにせよ戦争はいけないと思います^^; みみさん家族は現実のなかにいるんですものね。心配は計り知れないものがあると思います。私の出来ることは何事もなく平和な世界でありますようにと祈るだけです。

投稿: ごんまま | 2006/09/11 05:23

ついこの間のようで、もう5年前になるんですね。本当にショッキングな事件でした。テレビの画面を前にこれは映画のシーンと勘違いして 今起こっている現実の事だと自分に納得させるのに時間が掛かるほど、あってはならない事件だったのです。亡くなった皆様にご冥福をお祈りいたします。

投稿: リズママ | 2006/09/11 06:04

みみさんにとっては本当に身近な出来事だったんですね。
文章を読んでいて涙ぐんでしまいました。
私もこの出来事は身近なものではないけれど、お風呂上りに何となくテレビを見ていたら臨時ニュースであの映像が飛び込んできた。
あの映像を見てビルが全て形を失った映像を見て、みみさんのお子さんのように「これ本当の出来事?」と思った。
時間を追う毎に、状況が大変な事になってゆくのを見ていて本当に辛かったです。
いや、そんなに簡単な言葉で現せるようなものではないと思うけれど。
忘れられない・・・忘れてはいけないですよね。

投稿: くまの | 2006/09/11 07:01

私達は運良く被害を被ってないだけでこのような事は忘れちゃいけない事だよね。軍人の妻ってことで身近には感じるけどさ。
本当に私達にも動物達にも平和な世界であって欲しいと
思うよ。

投稿: kay | 2006/09/11 09:22

今日のTVは朝から、9.11関連の番組ばかりです。
NYは今日もあ日と同じ、とてもいいお天気だそうです・・・。

私も、この時まだアメリカに留学時代の友人が残っていたので、
電話をした記憶が残っています。

毎年この日が来ると、無事に1日が過ぎますようにと祈るばかりです。
何故か今日は、ヘリや、消防車、パトカーのサイレンが頻繁で、そのたびに、あの事を思い出してしまいます。
被害者やその家族なおさらだと思います。。。。
心から安心して暮らせる日が来るといいですね。

投稿: エルママ | 2006/09/11 14:27

お子たちと同じです。あの日の朝テレビに釘づけでした。
「映画じゃないの?」ニュースを繰り返し聞いていて、「あぁ・・ただのテロじゃない、戦争の続きだ・・・・」
それでも北朝鮮からのミサイルや他国からの脅威に実感が湧かなかったりもしてるって平和ボケも甚だしいね。
何とも言いがたいけど、争いごとは恨みも哀しみもループになっちゃう。早く武器がなくなるといいのにね。纏まんないなぁ・・・ごめんなさい。
9.11でなくなった方々、戦争で亡くなった方々に心からご冥福をお祈りいたします。

投稿: 四季 | 2006/09/11 18:19

五年前うちの実家で何気なくテレビつけてると、突然ニュース
映像が・・・。ものすごいショッキングな映像で、夢にまで何
度も出てきました。このような事件は二度と起こらないように
願っています。

投稿: コーラママ | 2006/09/11 21:42

戦争なんて、もう2度と起こってほしくないですよね。
なんで戦争をしようと思うのか、絶対理解できない!!
おかしいですよ!!
なんで平和にしようとか思わないんだろう・・・(涙)
私は、寝ようとした時にテレビがいきなりこのニュースになって、驚きました。信じられなかったです。
いつ、何が起こるかわからないから怖いですよね(涙)
平和に暮らせる世界になってほしいです。

投稿: ゆきんこ | 2006/09/11 21:48

もう5年も経ったんだね・・・
ショッキングなニュースにビックリしたのを覚えてます。
特に2機目の飛行機の映像は・・・・・
テロや戦争の無い平和な時代・・・・・
子供達の為にも安心して暮らせる地球になって欲しいものです。

投稿: WAN | 2006/09/11 23:29

私はベッドに入ってテレビを見てたな~…

見ていると2機目がやってきて…

映画を見ているような気分になったのを覚えているよ。


そして、ちょうどNYに友人がいたので大丈夫か!?
と心配したんだけど、たしかそのときはちょうど日本に帰ってきてたんだ!と思い安心したのを覚えてる…


いま、その友人はNY・マンハッタンにいる。

投稿: ジョジョバ | 2006/09/12 00:03

あの日のことは一生忘れられない。
いまでも克明に覚えている。タワー1にまず一機目が
しかも縁のある地ボストンから発った飛行機...
二機目はさらにショックだった...。
真っすぐタワー2へ向かって行く飛行機、
それを見ていたタワー1に居た人達はどういう気持ちで居たのだろう?
私が知っているNYCがNYCじゃ無くなって行く...。
崩壊していくWTC
一生忘れられない。あの日何をしていたかも覚えている。
ちょうと9.11の数日後に娘を連れてアメリカに行く事に
なっていたのだが何が起きているのか分からず、
泣きながら旦那の母に電話をし、今回はキャンセルすると
電話をした。母もそれが良いと言ってくれた。

昨日はちょうどTBS(日本の)で特集番組(再現番組)をしていて
見ていたんだけどあまりにもリアル過ぎて
途中から辛くて観れなくなった。
テロ陰謀説だの色々とあるけれど、あれはどうみてもテロ
罪もなにも無い人々がテロや戦争によって死んで行く
合ってはならないこと...
宗教の違いや色々とあるが、これは間違っている。
でもその後飛行機に乗る度に、周りを見渡しそれらしき人がいたら
どうしようと言う気持ちで気にしてみてしまう。
その後戦争へと向かったアメリカだが、
このときばかりは旦那が除隊していて良かったと思ったりもした。
他人事ではないけれど、この日は誰も忘れる事が出来ない1日には
間違いない。

罪の無い世界中の人が落とした命
無駄にしてはいけない...。


投稿: roko | 2006/09/12 00:27

この映像、忘れられません。見るたび鳥肌が立ちます。こんなこと2度と起きて欲しくないですね・・・。

投稿: MIKU | 2006/09/12 00:47

私も昨日特集見ました、なんかつい最近の事だと思っていたらもうあの悲惨なときからなんともう5年もたってしまっている。がしかし世界情勢は特に進展もないままていうかさらに悪化の一途をたどっている気がする・・・・戦争・・・何のためにしてるのかすら曖昧で弱い一般市民、戦場で戦ってる人の命だけが無残にも失われてる。5年前のあの映像私もテレビで夜中見たのを鮮明に覚えてる、はじめは、何の映像だかわからず事故??って思っていたら2機目が追突・・寝てる旦那を起こしたこと・・・・いまだにいつテロが起こるかわからない日常こんな世の中でこれから育っていく子供達のことを思うとなんか過酷である。

今後うちもいずれアメリカで暮らす身、やっぱり心配だな。
地球の温暖化、戦争、内戦・・・・私たちの将来に自分たちで何ができるんだろ。

投稿: Candy Mom | 2006/09/12 03:37

二度と起きてほしくない事。
でも起こす人がいる。
そのことが正しいと信じて・・・。
宗教や考え方、環境の違いがある以上
無くならないのかなとも思うけど、
きっかけは意外に小さな勘違いかもしれない。
もっと人同士、国同士理解しあえれば
偏見や思い込みがなくなれば・・
いつかはテロも戦争もなくなるのかなぁと安易かもしれないけど思います。

いっぺんに多くの人の考えを左右させる事は無理だけど、
いい意味で自分の育てる子供に教育することはできる。
一人一人が問題から目をそらさず、家庭で話し合うなりすることで
少しでも関心を持つ未来の大人が増えるだろうし
それが集まることで何か大きく変わるかもしれない!
そう思いながら勉強云々よりもそういうところに力を入れて子育てしなくちゃいけないなぁとおもうこのごろです。

テロや戦争までの大きな話では無くっても
今、変な犯罪が多いよね。
子供の信じられないような犯罪。
でもその子供を育てたのは大人たち、その中でも親の影響が大きいはず。
勉強云々大学云々はさておいて
人間として・・・これが一番だよね。

投稿: mimi | 2006/09/12 05:35

mimiさん初めまして!おぢゃまします。
タロボスさんちでは時折お見かけしてまして(勝手に)初めてではないような気がしています~。
私にとっても全く関係のない国での出来事だったんだけど

>子供に朝ご飯を作れず仕事に出かけた人もいたかもしれない

・・・とmimiさんが書いているようにやりかけの人生が突然絶たれてしまった人が多かったんじゃないかなぁ。そういうところが人事とは思えませんでした(「帰ってきたらやろう」というのが私の日常ですので・・・・)。
きっとこんなことになるならせめて最後の朝ご飯くらい作ってあげたかったとか、後悔を胸に命を落としてしまうなんて可哀想すぎます。この事件を映像で見てどうしてこんなことが起きたのか考えたり、ドキュメンタリー番組などで亡くなった人たちの人生に思いを寄せて二度と起きてはいけないと思う人が1人でも増えてくれたらと思います。
mimiさんちは大丈夫だね。ママがちゃんと教えてあげてるから。

投稿: おしゃまま | 2006/09/12 18:25

この時私はメールを打ちながらNHKをつけてて、
パッと見たらビルから煙が上がってた。
一瞬「映画?」ってまじに思ったよ。
あまりにも非現実的な出来事。
そうだよね。
みんな誰もがこんな事が起きると思って生活してないものね。
いつも通り、普段と変わらない時を過ごしていたのに、
テロという最悪な出来事で一瞬の内に命を落としてしまった人達。
絶対にテロなんてあってはいけないこと。
言いたい事があるなら口を使って言えばいい。
世界情勢が不安な現在だけど、
これ以上悪くならない事を心から願ってます。

投稿: PONTA | 2006/09/12 20:46

読んでいても鳥肌が立ってきました!
アメリカは危機管理についても日本なんかとは比べ物にならない体制が整っているはずなのに・・・
本当に信じられない出来事だったねっ!
二度と起きてはいけないこと・・・
平和に満ち溢れた地球になることを心から願いたいです!

投稿: まっちゃ | 2006/09/12 21:27

毎日危機感を持って生活する事は不可能だけど、
当然に思っている「明日があるし!」って言うのが取り上げられることはすごく恐いことだなぁって思ったの。
私も日々、ひどいことをいってしまったり後悔する事もたくさんあるから
それをFIXさせてもらえる時間がないって言うのはこわいなぁ~って。
できることは小さな事しかないけど、
その小さなことを続けることで何かが変わるかもしれないし。

悔いのないように毎日生きるって難しい事だけど、
明日何が起きるかわからないからなるべく毎日一生懸命生きようかなぁって思いました

投稿: mimi | 2006/09/13 02:53

私はこの日、仕事から帰ってぼーっとテレビを見ていました。
テレビに映しだされる映像が
リアルタイムの、現実の出来事であるという
感覚がなかったのを覚えています。
罪もなく犠牲になった人、
そして残された人の悲しみを思うと
とてもやり切れません。
未来を生きる子ども達のことを思うと
平和な世界になってほしい、
心からそう思います。


投稿: ジャスミン | 2006/09/13 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/148255/3402394

この記事へのトラックバック一覧です: 9・11:

« 逃げちゃいけない | トップページ | 集中中 »